過去の公演

02
12月
2013

貧困女子の「あたし」は派遣人生まっしぐら。
ある日「あたし」が、運送会社での深夜の仕事に備え、「あのひと」と「あたし」のアパートで仮眠をとっていた時、いきなり激しい揺れが襲ってきた。
2011年3月11日、これがすべての始まりだった。

以来、「あのひと」は毎日黙ってテレビの前に座り込んでは、熱心に被災地を眺め続けていたが、やがてアパートに帰って来なくなった。
同じ時期、京急蒲田の実家でも父親がしばらく家を空けていると母親から電話が。
計画停電の中、久しぶりに訪ねた実家で、揺れるローソクの炎をはさんで向かい合った母親から父親を探しに父の実家のある京都へ行ってほしいと頼まれる。
母親の願いを、仕事を理由に断り、翌朝、部屋に戻ってみると、なんだか部屋から生き物の気配が抜け落ちた感じ。そして、畳の上にコピー用紙に「ごめんなさい、ありがとう」とだけ書かれた置手紙が一枚。
窓の外、季節の変わり目を告げる春一番の吹く朝だった。

失意のどん底で酒まみれになっている「あたし」に接触を図ってきた知人から、あの手この手で引き出したのはどうやら「あのひと」が、今、京都にいるようだという情報。
「あたし」はその場で母親に電話。父親探しを引き受ける旨を告げ、資金を確保してから東京駅発の高速バス・ドリーム号に飛び乗った。

「あのひと」を探す『京都』、母のために父を探す『京都』、そして「あたし」が6年という学生時代を過ごした『京都』。
ところが、その『京都』で「あたし」は、正体不明の女の「生霊」に取り憑かれてしまう。
大丈夫か、「あたし」、そして「あのひと」と会うことはできるのか。
疾走する「あたし」のロードムービーにも似た一人称小説の舞台化、第二弾。

協力 劇団昴 黒テント 現代制作舎 にしすがも創造舎

05
6月
2012

死神/すだま『死神/すだま』

公演日

2012年6月5日~10日

劇場

下北沢「劇」小劇場

出演

斎藤萌子・常石梨乃・奈良谷優季・細谷奈央・宮﨑優里

パーカッション演奏

鈴木賢治

阪後昇の書下ろし小説『死神』と、その続編で震災とその一か月間の「あたし」を描く『すだま』を連続上演。
一人称の一人芝居を6人の女優で演じ、セリフ・地の文・登場人物・照明など、全員で一人、そしてすべてを演じる。

08
4月
2011

『永遠の焼きうどん』 / 『死神』

公演日

2011年4月8日~10日

劇場

銀座MAKOTOシアター (1&2&3演劇祭参加)

出演

井上新也・尾﨑彰雄・駒木崇宏/松本舞・佐藤美佐子・孫貞子

『LOVE 6(SICKS) 6つの通わないアイノ断片』の一篇と、阪後昇の書下ろし短編小説、それぞれが一人芝居として書かれた戯曲を男性3人と女性3人でそれぞれ上演するという試み。

10
12月
2008

トーキョーJCT

『トーキョーJCT』

公演日

2008年12月10日~14日

劇場

下北沢「劇」小劇場

出演

板倉佳司・中村ノゾム・原千果子・小長谷勝彦・斎藤萌子・尾崎彰雄・渡邊亮

藤沢周の小説『箱崎ジャンクション』から着想を得て、雇用問題などのテーマをより強く出した。舞台上での演技に、舞台の一角で行われる演技の映像中継が交錯し、緊張した関係性のドラマを際立たせた。 またラストシーンはこれまでのエムズクルーとは異なる趣向で、大きな反響と好評を得た。

29
8月
2007

火あそび

『火あそび』

公演日

2007年8月29日~9月24日 (改訂再演)

劇場

麻布ディー・プラッツ

出演

板倉佳司・原田紀行(reset-N)・斎藤萌子・松井裕子・黒川龍市・野田美華・銀座吟八・松原寛ほか

映像との新たな融合を目指した再演。前回テキストと並行して「不在であるもの」の日記という新たな視点を加えて上演。
CGや文字テロップを大胆に取り入れ、小劇場から「現代演劇」へというタームを強く意識した作品となった。

21
6月
2006

アイノキセキ『アイノキセキ』

公演日

2006年6月21月~25日

劇場

下北沢「劇」小劇場

出演

板倉佳司・野水佐記子・原田紀行(reset-N)・斎藤萌子・三澤真弓・大島克哉・南英司

色川武大の『狂人日記』をモチーフに、精神を病み、彷徨を余儀なくされた男とそれに付き添う女、それをとりまく家族を描いた。

09
11月
2005

『いつ立ち去ってもいい場所』

公演日

2005年11月9日~13日

劇場

下北沢「劇」小劇場

出演

板倉佳司・牧野くみこ(東京シェイクスピア・カンパニー)・斎藤萌子・百瀬洋一郎・福田祐一郎・黒岩俊光・飛鳥悠子・紅林尚樹・小野早苗・川口リエ

再演。斜面に立つ高原の別荘の中二階の一日の出来事を切り取った群像劇。
死に寄り添う空白と不在を描いた作品。前回とは違うラストシーンに書き換えられた。

08
5月
2005

火あそび/みずうみvol.2『火あそび/みずうみvol.2』

公演日

2005年5月8日~15日

劇場

下北沢「劇」小劇場

出演

斎藤萌子・山岡弘征・村山雄一・坪内守・渡辺大滋・豊島侑也・高岡季里子・高向弥生・井上新也・石出勇騎・佐藤美佐子

「不在」をテーマに、『みずうみ』同様、湖底が繋がっていて増水することのない二つの湖のある地方都市を舞台とした作品。

20
10月
2004

『みずうみ』

公演日

2004年10月20日~25日

劇場

麻布ディープラッツ

出演

鈴木実・斎藤萌子・高松直輝・藤居千美・黒川琉壱・横瀬祥子・伊藤努・膝井瑞紀(ヒザイミズキ)・百瀬洋一郎・岩橋毬・大島克哉・木下かれん・南英司

エムズクルー再演年間の第二弾。ワークショップを開催し、キャスティングを行い、出演者の個性に合わせて、より人物描写を深めた。
この『みずうみ』では「不在」という得体の知れなさ、危ういバランスが物語を揺らしていった。

14
1月
2004

温室

『温室』

公演日

2004年1月14日~18日

劇場

下北沢「劇」小劇場

出演

斎藤萌子・伊藤聖子・松原智規・三浦秀典・鈴木実・岩石理恵

エムズクルー初めての再演。新たな舞台装置で「温室」感を表現。
6人の登場人物が複雑に交錯するドラマの背景を、より「大きなもの」、社会や経済に置き、ラストシーンは前回の甘美な雰囲気から、厳しい現実と破綻を象徴するシャープな終焉へと手直しされた。

このウェブブラウザは現在サポートされていません。
サポートされているブラウザの最新版を以下でご確認ください。

Chrome制作: Google

Firefox制作: Mozilla

Internet Explorer制作: Microsoft