Yearly Archives 2017

スクリーンショット 2017-01-15 11.24.34
15
1月
2017

今回のタイトルを中国後『颱風來了 タイフェン・ライ・レイ』としたのは、おなじみの悟空と三蔵法師一行の取経の旅「西遊記」が劇中でもうひとつの物語としてヒロインの口から語られることに由来しています。

けれども「西遊記」といっても天竺へ向かう勇ましく華々しい活躍を描いた物語ではなく、天竺からの帰り道の暗く陰惨な騙し合いと殺し合いに明け暮れる日々を描いたもうひとつの物語、いわば一行の裏話。

有名な悟空一行を皆殺しにして天下に名を成したい、偉い坊主を白昼堂々丸裸にし、肉を破り、はらわたに食らいつきたい。そんな性根の腐った強烈な魔物に襲われ、三蔵と悟空以外の家来は、幾度となく惨殺されてしまう。その度に、生き残った化け物に「八戒」「沙悟浄」と名前を与えて、また旅を続けていく、それが帰りの旅です。

そんな「適者生存」、「弱肉強食」を共通のテーマにして語られるトラックドライバーと、新居に荷物を送り続けるだけで一向に姿を現さない恋人とを廻る不思議な純愛物語が、時同じくして近づく超大型台風の夜に、その謎が解き明かされます。

ドライバーからの依頼で恋人の行方を捜す探偵、上陸する台風を利用し危ない取引で利益を得ようとするフロント会社経営者、失踪した妻が持ち出した荷物を探す恋人の元夫、すべてが風速60mの嵐の夜に一箇所に向かって猛烈なスピードで失踪します。

刻々と近づく嵐のように孤独な失踪した恋人の抱えた心の闇とは、そして彼女から語られる「西遊記 帰りの旅」の真の意味とは?!

エムズクルー第22回公演『颱風來了』、ただいま絶賛稽古中!

一月後の初日を待て!

11
1月
2017

前回の『SPACE梟門』へのアクセスについて一部、言葉足らずな箇所がありましたので、あらためてこちらで告知をさせていただきます。

まずはこちら、

『「都営新宿線『新宿三丁目」駅、C5出口目の前」となっていますので、C5出口を目指してお越し下さい。』

こちらについては変更はありませんので、都営新宿線ご利用の場合はもちろん、JR新宿駅方面から会場の『SPACE梟門』へ向かわれる際も同様にこちらの「C5出口」を目標にしていらして下さい。

また、

C5出口の階段を上り、右手後ろを振り返るとすぐ左手の1Fに「SPACE雑遊」があり、

と表記しましたが、「SPACE雑遊」は地下となっていますので、ここにお詫びして訂正をさせていただきます。

そしてその2Fが「SPACE梟門」となっています。
大きな梟の門をくぐって階段を上り、会場へお越し下さい。

また、上演時期が近づけば、こちらに会場の問合せ用の電話番号をお知らせいたしますので、ご確認いただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

来月、多くの皆様方にお目にかかれることを励みに稽古に精進してまいります。
『颱風來了』どうぞご期待下さい!

このウェブブラウザは現在サポートされていません。
サポートされているブラウザの最新版を以下でご確認ください。

Chrome制作: Google

Firefox制作: Mozilla

Internet Explorer制作: Microsoft